ホーム > タグ > セミナー

セミナー

起業塾に参加してみる

本日より2週間の間、起業塾に参加してみることにしました。
料金は受講料5000円+懇親会3000円。
国の助成金が出ているということで、この値段で実現できているらしいです。
内容はコンサルの先生がテーマに沿ってお話したり、ブレストしたりする
形式で行われるようです。

初日の今日は、自己紹介+アイディア周りのお話をしていただきました。
特に面白かったのが自己紹介。

セミナー時間の約半分を利用しての自己紹介は、
そこに集まった50名近くの方が自己紹介と自分の事業の内容、
創業時期やセミナー参加の目的・目標を語ってくださいました。

その中でボクと同業の方は数名程度。
やはりweb系は今や作るだけではなく、利用して何かする方向に
シフトしているんだな、と話を聞いて感じましたが、
ボクはあくまでも作る立場で行こうと、改めて固く誓いました。

web系以外では、お菓子屋さんやら翻訳業とか
介護系のお仕事、自分の商品を作って売りたいとか様々でした。

その中でも特に気になったのが「太陽光発電」を利用して
なんかしたいという人でした。

動機が「おととし自宅に太陽光発電を導入しましてそれから・・・」
という感じの方でした。
個人で太陽光発電に関して何かできるのかわからないボクは、
かなり興味津々になりました。

と同時に、

「このおじさん、大丈夫かな?

という気持ちでいっぱいになりました。
さすがに個人で開発はできないでしょうから、
販売や相談という形で何か新しいビジネスが作れるのかもしれませんね。
太陽光発電ステキすぎる・・・。

正直、パナなどの太陽光発電関連の求人があったら、
そちらに浮気してしまいそうです。

まあ、人のことは置いておいて、まずはこの2週間で何かの
メンタル面や経営に関する基礎をつけられたらと思います。

生暖かく見守ってください。

太陽光で風を作る!ソーラーキャップ【迷彩色】
太陽光で風を作る!ソーラーキャップ【迷彩色】
  • 発売元: (株)プラタ
  • 売上ランキング: 10466

a-blog CMSの実力 in dachas 004

090823

昨日に引き続き、dachas 004でa-blog CMSのお話を聞いてきました。
かなり柔軟な仕様になっていると感じます。

  1. カスタマイズがし易そう。
  2. 管理画面のカスタマイズもできちゃう。
  3. フィールド追加とかも楽々。
  4. トップのカスタマイズなどが結構楽そう。
  5. モジュールは自分たちで作れる。
  6. キャリア/機種毎の携帯コンテンツも簡単にできそう。
  7. コードは暗号化されているのでいじれない。
  8. ライセンス料金が必要。
という感じでした。

カスタマイズに関しては、dreamweaverもしくはhtmlの知識があれば
簡単にできちゃうみたいですね。

独自の仕様もありますので、より詳しく知りたい方はapplepleさんの
セミナーなどに参加された方がいいかもしれません。
といっても、それほど難しい仕様でもないと思います。

気になっていた予約やカート関連のモジュールては今年の冬に出される
バージョンで実装される予定みたいです。

- – -

コードの暗号化についてはこれは一長一短だと思います。
知識があるひとであれば、触りたいという欲求もあるでしょうから、
ストレスが溜まるのかもしれません。

でもその分applepleさんでも充実したモジュールを用意されているようなので、
ほとんどの機能はカバーされているみたいです。

また、ライセンス料金については、wpやmtでやろうとすると面倒な
カスタマイズが簡単にできちゃうのと、管理画面も簡単に
カスタマイズできてしまうあたりで、ペイできるんじゃないかと思いました。

- – -

applepleさんはweb製作業者さんなので、この辺はかなりユーザー目線な
作りになっていて、かゆいところに手が届く仕組みや工夫がされているようでした。

wpくらいしか分からないボクも今後勉強していきたい
CMSのひとつになりました。
CMS構築 成功の法則
CMS構築 成功の法則
  • 発売元: 技術評論社
  • 価格: ¥ 2,604
  • 発売日: 2007/03/29
  • 売上ランキング: 71714
  • おすすめ度 4.5

CSS Nite in SENDAI Vol.4に逝ってきた

090822-1

CSS Niteの仙台版に参加してきました。
今回で 3回目の参加です。

Vol.3はビギナーズということだったので参加しませんでした。
永遠のビギナーなのにかっこつけて行きませんでした。

ちょっとした内容と感想を書かせていただきます。

HTML5関連の話題

ちらほらtwitterやらブログなどで話に出てきているHTML5の話題が、
dmpさんとwowlabさんからありました。

「こんなんブラウザでできんだっ」

ということが満載でステキな内容でしたが、まだ策定中ということでは
あったけど、これからやってても損はないと思いました。

今のところ「Flashに取って代わるもの」 ではないという風に見えたので
「もう、Flash必要無いズラ」 とか言っていると基地外に思われるかもしれないな、
と思いました。

a-blog CMS関連の話題

applepleの山本さんのa-blog CMSの説明でした。
a-blogは某大学案件で数回扱ってますが、
当時は「若干、いや結構癖あるんじゃね?」と思ってましたが、
CMSはかなり柔軟な作りになっている印象を受けました。

というか、おそらくa-blogも柔軟だったのでしょうが、時間がなく
インターフェイスを作りこめなかったボクが痛いのかとw

明日、dachasという勉強会で再度取り上げられるそうなので
詳しく聞く予定です。

ワンパクさんのリアルとネットの話題

期待のワンパクさんのお話。
かなりホットホットを売りにされている企業さんで、
毎度のことながら話も面白く 引き込まれました。

ぶっちゃけ、「こんな会社で働きてぇ~」と思える企業さんです。

内容はRIAのセミナーでも聞いたことも含んでいましたが、
やはりwebだけで表現したり印象付けるのは限界があり、
リアルは欠かせなくなってきているというお話。

全くその通りで、webでの表現というのはFlashの技術がすごくなってから
しばらく経過しているので、ある程度の表現は出尽くしている感があります。
※勝手な思い込みかもしれませんが。

それを、現在ではあまり皆がやってない(できない)リアルと連動させて、
消費される作品ではなく、心に残るような作品を作っていこうという
お話でした。

そして、それをやるにはホットな気持ちが不可欠だよ、と言っていたかどうかは
定かではありませんが、熱さはヒシヒシと伝わってきました。

三菱さんのお話

発注元の三菱さんのweb広報担当の方のお話。
印刷物と違い、webは代理店の方があまり知識を持っていないので、
まだまだチャンスはあるらしいです。

また、企業の広報担当の方が全てをディレクションしているとか。
紙ものであれば、代理店の人がやってくれていたのに、的なお話があったので、
これからwebを志すのであれば広い知識と、人のつながりを身に着けておいた
方が良いんじゃね?ということでした。

三菱さんのサイトは作品集系で参考にさせていただいたこともありますので、
大変興味深く聞くことができました。

総括

一言でいうと、また近々開催して欲しいなと思いましたw

また、県内だけに留まらず、県外の方も多くいらっしゃいましたので、
つながりができる良い機会でした。

そして、iphone率の高さに驚愕しました。
私もiphoneが欲しいです。

だれか買ってください。
※中途半端な総括ですんません。

懇親会


090822-2

懇親会では皆さんと名刺交換させていただきました。
およそ30名。
ステキな一夜を過ごせました。
こういうイベントが月1くらいであるとステキですね。

Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト
Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト
  • 発売元: 秀和システム
  • 価格: ¥ 2,520
  • 発売日: 2005/07
  • 売上ランキング: 13908
  • おすすめ度 4.5

あれ

2009080615510000.jpg

話がけっこう面白い!
っていうか、パネラーの皆さん(企業)すごすぎる。
昨日の記事は失言でした。ごめんなさい。

そして、iphone率高すぎる(笑

そして、携帯電池ない。

sさん電話出れずすみません。

[googlemap lat="35.6640352" lng="139.6982122" width="600px" height="150"
zoom="15" type="G_NORMAL_MAP"]渋谷[/googlemap]

エクスペリエンスデザインによる地域活動支援の可能性

私の母校である東北工業大学が「エクスペリエンスデザインによる地域活動支援の可能性」というセミナーを開催していたので参加してまいりました。講師は、東北工大の堀江さんと仙台経済新聞の菊池さん。

とかち田園空間博物館の紹介 <堀江 政広氏>

途中参加だったので、堀江さんの話の冒頭は聞きそびれてしまいましたが、「とかち田園空間博物館」を作ったときの経緯などをお話されておりました。3年前に構築されたものだそうで、Flash+GoogleMapsで構築された地域密着型の仕組みでした。
当時、GoogleMapsの地図情報は公開されておらず、衛星写真などは数百万で購入されたらしいです。
行政の資金は潤沢だそうで、道路建設費などの余ったお金でポンとでてきたとか。うらやましすぐるw

肝心のエクスペリエンスデザインとどう結びつくかというと、もちろん農家や行政の方が新しいメディアとして作業の中の一環として利用すること。
他には、地域の中学生がこの仕組みを利用して課題を行っているらしいです。地図情報とそこで生活する方々が経験したことを掲載し、また外部の方がそれを閲覧するという、なにか発表の場的な利用をしているそうです。当初、教材としての利用は念頭になかったそうですが、地域の方、先生方の発想で出てきた使い道だとか。
なお、残念なことに観光客の方などの利用率は皆無だそうです。

一方、作る側に焦点をあてると、エクスペリエンス(経験)なくしてコンテンツは作れないということで、実際に農家の人の作業を行いその中の「気づき」も利用してシステムを構築されたようです。

地域活動支援のためのWebサイトを事例として紹介 <菊池 正弘氏>

仙台経済新聞」という、一般的にいわれる「経済」だけではなく、街情報に焦点を当てたWebサイトのご紹介。
位置づけはタウン情報誌で、紙媒体の発行はなし、広告費なども特にとっておらず、ボランティアとして活動されているそうです。
また、フリーランスのモノカキを行う菊池さんは、自分のソーシャルブックマーク的な扱いだとも言っておりましたが、取材とモノカキ力が備わっている時点でそのクオリティはかなり高いかと思われます。

母体は渋谷経済新聞だそうで、菊池さんが東京で活動されているときに利用していて、仙台に戻った際に自分もこんな街情報を配信したいと考えたのがきっかけとのこと。
街の情報を掲載して、自ら万人に配信するのではなく、あくまでも万人にアピールできる人を対象に配信するみたいです。
つまり元ネタ配信ってことでしょうか。
なかなかすばらしい考えだと思います。

またこの他にも仙台のクリエイターの生の声を紹介する「logue」(現在休止中)や、同じくテキストベースで紹介する「project-logue」など、クリエイティブにも力を注いでいるそうです。

エクスペリエンスデザインという観点では、地域を活性化するために、街情報の配信、クリエイターの情報配信などがあるかと。そのまんまか。
街情報の配信は、より仙台市民の生活に密着した情報を配信するということで、経験を得るための情報デザインがなされているようです。
また、クリエイター情報配信については、project-logueでは知名度の高いクリエイターのインタビューを配信しているとのことで、クリエイターのモチベーションを上げるために一役買っているようです。

- – -

私自身クリエイティブな業種で、しかもフリーランスになりたてなので、セミナーや活動に積極的に参加していきたいところです。
・・・こういった方々に比べればまだまだ力不足ではありますが、自己成長のためにももっとパワーアップしなきゃ。。。
食っていかなきゃならんし。

また、的外れな考察かもしれませんが、セミナー参加の折にはレポートとして記事を書かせていただきます。

デザイニング・ウェブナビゲーション ―最適なユーザーエクスペリエンスの設計
デザイニング・ウェブナビゲーション ―最適なユーザーエクスペリエンスの設計
  • 発売元: オライリージャパン
  • 価格: ¥ 4,200
  • 発売日: 2009/05/25
  • 売上ランキング: 1608
  • おすすめ度 5.0

セミナー参加できず・・・

せっかくの創業セミナーに参加できませんでした。。。

いろいろと事件があり。

これはまずいことしてしまったかもしれませんorz

せっかくの出会いの場が・・・。

ということで、仙台以外のセミナーにも参加せねば。

Home > Tags > セミナー

Search
Feeds
Meta

Return to page top