ホーム > タグ > 温泉

温泉

日記?

既に日記としての役割が薄れてきている今日この頃。
前回の投稿が9月30日ということで、もはや日記ではなく月記になりつつあります。

伊藤商店の近況はと言うと、仕事も割りと入ってきておりますが、
売り上げ自体は今ひとつ伸びておらず、ボランティア的なことが
多くなりつつあります。

「これではイカン!」とは思うものの、個人で活動を始めている方や、
これから始められる方のサポートも一応は営業活動の一環ではないかと思い、
種を蒔くつもりで取り組む今日この頃です。
もちろん無償ではなく格安ということで取り組んでおりますが、
もう少しもらっても良かったかもと後悔したりする日々です(笑

食べていくためのお金も必要なので相談された場合は
胡散臭い話以外はなるべく受けるようにしております。
このバランスが難しいところでもあります。

さて、たびそらの更新も先月からご無沙汰しておりましたが、
ちょろっと余裕の出た本日、「川原毛大湯滝」を追加いたしました。

秋田方面に行かれる方は是非ご参考にしてくださいまし。

温泉さ行ってきた4

泥湯温泉からまたしばらく走り、最終目的地の「須川温泉」栗駒山荘にようやく到着。
栗駒山荘といっても、山小屋的な建物ではなく、レストランなどが併設された近代的な建物です。

この栗駒山荘は地震のちょっと前に今回と同じ日帰り入浴で遊びにきたことがありました。
あとで知ったのですが、4/28から営業を開始したそうで、それまでの間は休業していたみたいです。
この須川温泉に来るまでにかなり工事が行われており、地震の被害の大きさが見て取れました。

須川温泉のお湯は非常に良質で、蔵王や草津などにも引けをとらないと思います。
宮城県からはボクと同じ鳴子→鬼首→川原毛→泥湯のルートを辿れば到着しますので、
是非遊びに行ってみてくださいませ。
帰りの道には注意して・・・w

※須川温泉の様子は「たびそら」で後ほど紹介します。

本日3回目の濃いい温泉に漬かったためこの時点でかなり湯疲れをしていましたが
気を取り直して、帰路に着くことにしました。

ボクたちのドライブルールとして、「来た道はなるべく帰らない」 という厳しいおきてがあるため、
一関を通って帰るルートを選択したのですが、それが間違いの始まりでした・・・。

いや、ドライブルールが間違いの元かも(笑

この時既に17時30分。

栗駒山荘を後にして、車を走らせ数分、「通行止めマーク」が・・・。

先にも言いました通り、地震の被害はかなり大きかったようです。

続くw

温泉さ行ってきた3

ずいぶん間が空いたけど、「温泉さ行ってきた」の続きです。

川原毛温泉の次はすぐ近くにある「泥湯温泉」にいってきました。

温泉に入る前に腹ごしらえ。
泥湯温泉の町にある、「どろゆ食堂」で食べることにしました。
このとき時間は既に2時を回っておりましたが、ボクたちの前にお客さんが一組。
おばちゃん一人で切り盛りしているらしく、明らかに忙しい雰囲気がたっぷりでした。

ボクは親子丼、嫁はおにぎり定食を注文しました。
親子丼の味は普通、おにぎり定食は・・・という内容でしたが、
お腹がペコペコだったのでおいしくいただけました。

腹ごしらえが終わり、いよいよ温泉に入ることにしました。
奥山旅館のお風呂を日帰り入浴として入りました。
大露天風呂と内湯+混浴露天風呂が楽しめて料金は「500円」。

香りは硫黄臭が若干するお風呂で、浴槽の下には泥のようなものがたまっている温泉でした。
お風呂で数人の方に声をかけましたが、ボクとおなじ仙台からきたおっさんや、
東京からきたおっさんなどたくさんいました。

なかなかに趣があって良い温泉宿でした。

続くw

お仕事もらい

昨日まで続いた「温泉さ行ってきた3」は今日はお休みで。

今日は前勤めていた会社から連絡があり、お邪魔してきました。
仙台出発17時。
仙台に帰ってきたのは22時すぎ。

おかげで、お仕事にありつけそうです。
しかも、ボクのやりたい方面のお仕事なので、
料金が安くても(;;、タイトなスケジュールでも頑張れる気がする・・・。
まずは一所懸命がんばろうかと思います。

- – -

たびそらに米沢ラーメンの大御所「ひらま」を追加しました。
また、ついでに「万座温泉 万座プリンスホテル」も追加しました。

よろしければご覧くださいませ。

今日から気合入れて行こ。

温泉さ行ってきた2

明日書くといいつつ既に水曜日。
でも、日曜日の記事として書きます。

さて、鳴子を通り過ぎてまず目指したのは、川原毛温泉。
ここに着くまでの道路はかなり狭く危険な道のりでした。

その甲斐あって到着した川原毛温泉は、秘湯と呼べる
まさしく川が温泉になっている野趣あふれすぎる温泉でした。
入浴ポイントは駐車場から川沿いをしばらく山を下ったところにある、
滝つぼが一般的に皆さんが入る温泉となっているようです。

ちなみに駐車場は2つあり、ボクらは山のてっぺんの駐車場に止めたため、
えらい登山をすることになりました。
ま、観光目的でもあったのでそれはそれで楽しかったのですが、
上と下の駐車場は道がつながっていないため、高齢の方はルート計画が
肝要かと思います。

この温泉はもちろん混浴ですが、滝つぼに限っては一応水着着用とのこと。
ボクらは水着を持っていかなかったのでここでは入りませんでした。
というか、かなり温めでしかも水着着用の若者(男の子)がたくさん入っており、
スッポンポンで入るわけにもいかず、この滝つぼに入るのはあきらめました。

しかし、駐車場からちょっぴり下ったところの、川の上流にも入れそうな
ポイントがあったのを思い出しました。

駐車場からめっちゃ近く、滝つぼへの通り道。
2名ほどのおっさんたちはお構いなしに、あられもない姿で入っていたのですが、

「ここはちょっと・・・」

とか思って通り過ぎておりました。
ですが、逆に

「スッポンポン仲間ならボクにも入れるんじゃね?」

と思い、そこまで引き返して、念願の温泉にありつくことができました。
もちろん、嫁さんは入れず、

ボク一人が、既に上がっているおっさんたちと、嫁さんの見守る中

温泉を存分に堪能しました。

この温泉は川と合流しているため、入れるシーズンが限られております。
春や冬は冷たく入れないそうですので、行くなら今です!
聞くところによると、この温泉に入ってから秘湯にハマる人が多いらしいです。

正直、私もここだったらまた来たいと思いました。
嫁さんに至っては今回は入れなかったので、次回は絶対水着を持ってくと
言っておりました。
お子様連れでもちょっと山道がちょっと大変かもしれませんが、
登山と水遊びできっと楽しめると思いますよ。

ただし、雨の日は水かさが多くなって危険らしいので止めたほうがいいそうです。
※川原毛温泉のレポートは後ほど「たびそら」に掲載します。

またまた続きは明日・・・。

温泉さ行ってきた

当初、私の実家の米沢にて芋煮会を行う予定でしたが、
雨天のため見合わせることにしました。

どこに行こうか悩んだ挙句、恒例の温泉めぐりに行くことにしました。
もう、「嗜好がおばあちゃん、おじいちゃんじゃね?」という外野の
意見もあるとは思います。

最もな意見ですが、

いずれは趣味と実益を兼ねた生活ができるよう企んでおります。

そん時見てろよ、と勝手に息巻いている今日この頃です。

それはさておいて、福島コースか、鳴子コースか迷い「割と近い鳴子に行こう」ということになりました。
片道1時間半程度で着くのでお気軽コースです。

途中、温泉の話題を夫婦間でやり取りしているうちに、

「最近、栗駒行ってなくね?」

という話題になり、地震が起きてから全く足を運んでいないことに
気づきました。
一度気づいたら、これは「復興のために一肌脱がなければ!」 と
燃え始め、鳴子に入ることなく鬼首を通り抜けて一路栗駒方面に向かいました。

この時は、若干道路状況を気にしていたのですが、
後にあんなことになるとは思いもしませんでした・・・。

続きはwebで・・・。
いや続きは明日。

今日からまたこもる

またまた、お金にならなそうなお仕事というか、
共同作業をすることになりました。

「お金にならなそうなのになんで?」と思われるかもしれませんが、
とりあえず目標がないと何もできないからです。

また旅行関係のサイトですができあがりましたら報告します。
ずいぶんと先は長そうですが・・・。

ちなみに、先日たびそらの蔵王温泉:共同浴場を追加しました。
蔵王に行かれる方はどうぞ。

ふたりで篭る隠れ宿―上質な寛ぎの時を刻む大人の癒しリゾート (るるぶ情報版―全国)
ふたりで篭る隠れ宿―上質な寛ぎの時を刻む大人の癒しリゾート (るるぶ情報版―全国)
  • 発売元: JTBパブリッシング
  • 発売日: 2006/02
  • 売上ランキング: 964634

蔵王温泉

嫁さんの会社の試験が昨日あり、ご苦労様会をすることにしました。
といっても明日もお仕事なので、日帰りで温泉に行くことに。

場所は蔵王温泉の大露天風呂と共同浴場。

途中で、天童に住んでいたときに行き着けだったラーメン屋さんで
つけ麺を食べていきました。

- – -

今日はこの1週間の中では暑く、夏日に近い天候でしたが、
蔵王は清清しい風が吹いていて、温泉日和とまでは行きませんが、
丁度良い気温だったと思います。

土曜日と言うこともあり、大露天風呂は割りと人が入っておりました。
たびそら用に写真を撮ろうとしていたところ、受付のおばちゃんから、

「中は撮影禁止だからね!」

と一括されてしまい、撮影できませんでした。残念。

また、共同浴場に車で行こうとしたところ、「駐車料金250円」と
「入浴料金200円」よりも高い駐車料金にちょっと納得がいかなかったので、
少し離れたところにある駐車場にとめて街を散策しながら、
共同浴場まで行きました。

久々に蔵王に来たのですが、自然と山形市街の景色、温泉街の町並みを
楽しむことができました。

この模様はたびそらで後ほど掲載します。

タビリエ 仙台・松島・蔵王 (タビリエ (4))
タビリエ 仙台・松島・蔵王 (タビリエ (4))
  • 発売元: ジェイティビィパブリッシング
  • 価格: ¥ 840
  • 発売日: 2008/10/01
  • 売上ランキング: 159310

起業塾もこなれてきた

起業塾も折り返し地点に到着しました。
というか、これを書いている時点ではすでに終了してますが・・・(笑

その間、起業塾が始まってから17~22時まで自宅不在と言うことで、
いろんな方からお電話をいただき、全く対応できない状況でした。
一長一短だけど、今のところこれは仕方がないですね。

さて、「たびそら」もある程度形になってきたのですが、
ここから先、どうやって何をするか考えたときに、
いまいち何をしたら良いのか分からない状況です。

こつこつ温泉の紹介を続けていくだけではダメだろうし、
それに変わるプランもないのでじっくり考えてみようと思います。

結局のところ、最終的には温泉ご招待ウマーに持ち込めるよう
努力し続けたいと思います。

一人起業完全マニュアル (アスカビジネス)
一人起業完全マニュアル (アスカビジネス)
  • 発売元: 明日香出版社
  • 価格: ¥ 1,575
  • 発売日: 2005/02/02
  • 売上ランキング: 61875
  • おすすめ度 3.5

温泉をまとめてみた「たびそら」

たびそら|伊藤商店の運営する温泉まとめサイト

ここ数週間、特に先週一週間のセミナー以外のフルタイムに使って
構築したサイト「たびそら」がある程度形になってきたので公開してみます。

このサイトは私イテルが訪ねた温泉旅館やら日帰り温泉やらをまとめたサイトです。
文章の形態はブログに近いものですが、なるべく一般のサイトのように
見た目は団塊の世代をターゲットにしたデザインにしてみました。

残念ながら、まだインターネットエクスプローラー6と携帯電話サイトには
きちっと対応しておりませんがそのうち対応させる予定です。

また、トップページの見出しアイコンもパクリなので今から変更します・・・すんません。

- – -

これをまとめただけではもちろん仕事にはなりませんが、
何かのきっかけになってくれればと思っております。

っていうか、

営業ツールにする気マンマンです

が何か?

温泉を経営されている方で、温泉のwebサイトを作りたい方は
お問い合わせくださいませ。

また、ここに行って欲しいと言う要望があれば聞くだけ聞きます。
お金がないので遠方の温泉と高級旅館は厳しいですが。

旅 2009年 09月号 [雑誌]
旅 2009年 09月号 [雑誌]
  • 発売元: 新潮社
  • 価格: ¥ 1,200
  • 発売日: 2009/07/18
  • おすすめ度 4.0

Home > Tags > 温泉

Search
Feeds
Meta

Return to page top