ホーム > タグ > 秋田

秋田

温泉さ行ってきた2

明日書くといいつつ既に水曜日。
でも、日曜日の記事として書きます。

さて、鳴子を通り過ぎてまず目指したのは、川原毛温泉。
ここに着くまでの道路はかなり狭く危険な道のりでした。

その甲斐あって到着した川原毛温泉は、秘湯と呼べる
まさしく川が温泉になっている野趣あふれすぎる温泉でした。
入浴ポイントは駐車場から川沿いをしばらく山を下ったところにある、
滝つぼが一般的に皆さんが入る温泉となっているようです。

ちなみに駐車場は2つあり、ボクらは山のてっぺんの駐車場に止めたため、
えらい登山をすることになりました。
ま、観光目的でもあったのでそれはそれで楽しかったのですが、
上と下の駐車場は道がつながっていないため、高齢の方はルート計画が
肝要かと思います。

この温泉はもちろん混浴ですが、滝つぼに限っては一応水着着用とのこと。
ボクらは水着を持っていかなかったのでここでは入りませんでした。
というか、かなり温めでしかも水着着用の若者(男の子)がたくさん入っており、
スッポンポンで入るわけにもいかず、この滝つぼに入るのはあきらめました。

しかし、駐車場からちょっぴり下ったところの、川の上流にも入れそうな
ポイントがあったのを思い出しました。

駐車場からめっちゃ近く、滝つぼへの通り道。
2名ほどのおっさんたちはお構いなしに、あられもない姿で入っていたのですが、

「ここはちょっと・・・」

とか思って通り過ぎておりました。
ですが、逆に

「スッポンポン仲間ならボクにも入れるんじゃね?」

と思い、そこまで引き返して、念願の温泉にありつくことができました。
もちろん、嫁さんは入れず、

ボク一人が、既に上がっているおっさんたちと、嫁さんの見守る中

温泉を存分に堪能しました。

この温泉は川と合流しているため、入れるシーズンが限られております。
春や冬は冷たく入れないそうですので、行くなら今です!
聞くところによると、この温泉に入ってから秘湯にハマる人が多いらしいです。

正直、私もここだったらまた来たいと思いました。
嫁さんに至っては今回は入れなかったので、次回は絶対水着を持ってくと
言っておりました。
お子様連れでもちょっと山道がちょっと大変かもしれませんが、
登山と水遊びできっと楽しめると思いますよ。

ただし、雨の日は水かさが多くなって危険らしいので止めたほうがいいそうです。
※川原毛温泉のレポートは後ほど「たびそら」に掲載します。

またまた続きは明日・・・。

乳頭温泉「鶴の湯」

aac_0225

2度目のの乳頭温泉。

マジでここのお湯は格別!

と、いきなり興奮状態で書き始めましたが、本当にここのお湯はステキ。

那須の「鹿の湯」や鳴子や蔵王に匹敵するくらい、体に「良さそう」なお湯です。

aac_0239

- – -

昨日より、嫁と二人で乳頭温泉「鶴の湯」さんに宿泊し温泉三昧を楽しみました(^^

ボクが予約したのが当日の朝だったので、一番高いところと安いところしか空きがなく、しかたなく1号館という一番安いところに宿泊しました。

お湯は先ほど触れたとおり最高で、食事も本当は泊まりたかった「本陣」の食堂にて食べれたので満足です。

ただ、接客が・・・。たまたま担当してくれた人がアレだったのかもしれませんが、ちょっと残念(^^;

aac_0219

- – -

帰りがけに、盛岡の「髭」という焼肉冷麺屋さんで冷麺を堪能し、下道で家まで帰宅しましたw

ETCがあれば・・・と思いつつも、県道・国道でしか味わえない楽しさもあるので、ゆっくり気ままな旅を楽しみました(^^

aac_0270

[アルバムへ]

Home > Tags > 秋田

Search
Feeds
Meta

Return to page top